ELIJAH CRAIG、バーボン

アルコール(除;ビール、日本酒)はあまり飲めず、バーや飲み屋にもゆかず、かつ痛風持ちの私がもう一度めぐり合いたい、というよりも息子とチョビっとだけもう一度だけ飲みたいと願っているのが、このエライジャ・クレイグというバーボン。お金さえだせば12年や21年物は酒屋にも売っているしネット購入もできるが、求めているのはもっと高級なE.C.。ひょんなきっかけで息子に案内されて地元近くのド田舎の小さな (一応 形的には) 駅前バーに入った。いやいやながら接待でバーに入った事は生涯で数回だけあるが、個人で・それも息子とバーに行くなんぞは想像もしていなかった。(彼もオヤジに似て呑み助でもなく、飲み歩くタイプでもないのだが・・)

そこでバーテンダーがサービスで出してくれたのが E.C.の何とかバージョンという旨いヤツ。色々と講釈を述べてからチョビっと注いでくれたが、余りのうまさに(加えて、タダ酒だったので)講釈もバージョン名も忘れた (ただ、一般には市販されず業者間でのオークション物という実にまことしやかな言葉だけは記憶にある)。普通のバーボンとは違い、舐めるような甘さ(?)があってグイッと一気に飲むのは恐れ多くももったいなくもあり、まさにチビリチビリと舌で味あうのにピッタリ。洋酒はほとんど飲めない私だが (除:Dry Martini) これだけは違った。後日ネットで調べたがあれらしきE.C.は見当たらなかった。

かといって、例の駅前バーに行って金を出してまでもう一度飲む気もない・・このあたりがノンベエでない証拠か。サクラ○○をご利用の方々、もしあれば是非 お試しを・・但し、飲食総額 1,000円/1名 台で。 SNOWBIRD

コメント

非公開コメント

No title

なるほど、納得です。呑めないが好きな方は高級なものをちょっと呑む。呑めて好きな自分は安いのをたくさん、アルコールさえ入っていれば呑む。
さくら水産バンザイ。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: